リモートワーカーになって16ヶ月たって振り返ってみた。

リモートワーカーになったのは確か2015年9月だったな。7月末までセカイエにいて、8月は遊んで暮らすことにして、そしていよいよ働かなってところで声を掛けてもらったんだ。

「場所に囚われず、時間に縛られず、クリエイティブな発想で自由に意味のある仕事がしたい」。そう志向してIT業界で食べてきた。「プロフェッショナルになるんだ!」と励んできた。

「こんなのつかえね〜」と評価され心折れる日もあった。

「IT土方」と呼ばれる日もあった。

きっかけ

京都市内に住んでいたころのこと、小脇に行ったんだ。

あれはいつの頃だったか…。通販のニッセンでのプロジェクトマネージャーを辞め、仕事をしていなかったときに行ったんだったかな?ならば2011年1月ぐらいか。いや、あれはその前のニッセン・プロパ側PMOを担当して理想のCMSを追いかけた後に辞めて、閃きで得た小規模な新CMSエンジンを独自開発して、それをペット主役SNSを開発するために動いていた2009~2010年頃じゃなかっただろうか。

そこに松本さんがご家族とともにゲストでこられていたんだ。「ノマド的節約術」というブログが軌道に乗り、ご自宅をコワーキングスペースとして開放してさらに裾野を広げようとして、小脇を見に来られたんだった。その話を聞いて『わたしもやるぞ!』と思ったんだった。

エックスポイントワンさんはその小脇の池田さんからのご紹介。それが本格的なスタートだ。

時間縛り主義から成果縛り主義へ

この一年半の間で、エックスポイントワン社、ラシック社、コミュニケーションビジネスアベニュー社、チャットワーク社、そしてエイチーム社

通勤時間がなくなった

通勤時間がなくなるとこんなにメリットが多いとは!